教育方針

秋田幼稚園の理念

神を敬い人を愛する精神を養い、人格形成の基礎を育みます。

秋田幼稚園の目標

神さまを愛し、人を愛し、自然を愛する心を持った子どもとなるよう祈りつつ、過ごします。

秋田幼稚園の教育・保育の方針

キリスト教保育

  1. 子どもが、自分自身を大切なひとりとして受け入れられていることを感じ取り、自分自身を喜びと感謝をもって受け入れるようになる。
  2. 子どもがイエスさまを身近に感じ取ることを通して、見えない神さまの恵みと導きへの信頼感を与えられ、「イエスさまと共に」毎日を歩もうとする思いを持つようになる。
  3. 子どもが、互いの違いを認めつつ、一緒に過ごす努力をし、そのことを喜びとするようになる。
  4. 子どもが、心を動かし、探求し、判断し、想像力をもち、創造的にさまざまな事柄に関わるようになる。
  5. 子どもが、私たちの生きる自然や世界を神さまによる恵みとして受けとめ、それらの事柄に関心をもち、自分たちのできることを考え、行うようになる。
  6. 子どもが、してはいけないことをしようとする思いが自分の中にあることに気づき、そのような思いに負けない勇気をもち、行動するようになる。

遊びを中心とした人格形成

幼稚園は子ども達が主体的に生きる場です。自分で目標を持ち、意欲的に取り組む経験を重ねることで、感覚を磨き、思考やイメージを深めて行くことができます。また、交わりの生活を通してまわりの人と共に生きる人格の基礎を育みます。

本物に触れる保育

子ども達は、「本物」に触れる経験を通して、良いものを目指して主体的に取り組んで行きます。秋田幼稚園では、文化、芸術、スポーツなど、子ども達が本物に触れる機会を提供します。

食を重視する保育

子ども達の心と体を育む上で、食事は大切です。食を通して生きる力を育むために、体に良くて安心・安全な食材、美味しく楽しい給食を心がけています。

秋田幼稚園では、キリスト教保育を行っています。キリスト教保育は、子どもが、聖書の教えに基づき、神様に愛されている自分を知り、神様が共にいてくださる恵みと環境の中で、神様を愛し、人を愛し、自然を愛する心を持った子どもとなるよう祈りつつ日々を過ごします。

秋田幼稚園は以下の4つを大切にしています。

子どもたちが、自分の好きな遊びを楽しく生き生きと遊びます。

3歳~5歳の幼児期の特徴を一言で表現するなら、「遊び」です。それも友達を見つけて遊ぶことです。幼稚園はその友達が集まる広場です。たくさんの遊びを通して、子どもたちは友達と出会い、思いきり自分を出して遊ぶことによって、自分自身を発見し、信頼、自立、自律、強調する心を養っていきます。

礼拝を守ります。

毎日クラスで、週に1回は全園児合同で礼拝を守ります。みんなで讃美歌を歌い、共に祈り、聖書のお話を聞きます。礼拝は、目に見えない事柄の大切さを気付かせ、あたたかい心、協調する心、そして、静かに落ち着いて話しを聞く態度を養います。

教師は子どもたちの遊び仲間です。

一人一人をあたたかく受け止め、子どもの持っている個性を大切にし、環境を整え、子どもたちが成長するための適切な援助を致します。教師は、毎朝祈りを持って子どもたちの前に立ちます。

共に生きる素晴らしさを体験します。

支援を必要とする子どもを受け入れ、子どもたちがお互いに支え合い、共に生きる素晴らしさを体験します。保護者も教師も子育てについて共に学び合いながら、信頼と喜びを持って活動します。