二里会100周年!

2020年09月09日

秋田幼稚園の素敵な応援団に「二里会」があります。二里会は、卒園生やその保護者、幼稚園の先生から成る同窓会。いつも幼稚園を支えてくださっています。7000人に迫る卒園生の数もさることながら、すごいのはこの二里会が今年100周年を迎えたということです!100歳の同窓会!!これほど長く続く幼稚園の同窓会は珍しいのではないでしょうか。

本当なら今月5日、100周年記念事業を行う予定でした。実行委員長を先頭に、実行委員の方々が準備を進めてくださっていましたが、コロナ禍に鑑み、開催は来年度に延期となりました。

延期は残念ですが、秋田幼稚園も115歳を迎えられたばかり。いつものお支えに感謝して、来年度の二里会100周年記念事業に協力していきたいと思います。

二里会100周年記念事業は、来年2021年9月4日(土)開催の予定です!

 

実りの季節へ

2020年09月01日

秋田幼稚園の子ども達、欠席0で、2学期が始まりました。今年の夏は、花火もお祭りもなくさみしいお休みになるのかな・・・との心配をよそに、真っ黒に日焼けした子。ぐんと背の伸びた子。たっぷり充電してきた笑顔がたくさん見られました。

「海に行ったよ」「セミを捕まえたよ」「花火やったよ」

様々な制限のある中、夏ならではの経験を広げてくださったご家族に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

私自身は海を見ることもない夏休みでしたが、毎日「夏だなぁ」とウキウキできたのは、写真にある壁面のおかげです。玄関に入ると、子ども達が作った船が気持ちよさそうに浮かんでいるのです。(潜水艦もいます♪)海の底には色とりどりの石。誰かさんに似ている顔の石もいます。環境作りは大事だなぁ、特に幼稚園での一日の始まる玄関の環境は大きいなぁと実感しました。アイデア豊富な先生が、毎月季節感のある壁面を考えてくれます。(先生ブログにはかき氷デーの壁面が載っています)

 

9月の壁面は何だろう?!と楽しみにしていました。みどりの網。くるくるした長~い毛糸。何になるのだろうと思ったら・・・

ぶどう棚に変身していました!子ども達が作ったぶどうは、みんな違う個性豊かなぶどうです。「わぁ、ぶどう、いっぱ~い」3歳の男の子が思わず声を上げるくらい、たわわに実ったぶどう棚。

まだまだ暑いですが、季節もこれから実りの秋に向かっていきます。ぶどうと言えば、聖書にはこんなイエス様の言葉があります。

「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、その人は豊かに実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからです。」(ヨハネの福音書15:5)

2学期も「イエス様のお名前によって」子ども達と教職員とともに祈りながら過ごしたいと思います。春の幼稚園での経験も、夏休みの楽しかった経験も、これから計画されているたくさんの行事で味わう思いも、子ども達の心と身体に豊かな実りとなってあらわれますように。